友近が原因で元カレのなだぎ武が干された?朝ドラの演技が絶賛だった!!

友近が原因で元カレのなだぎ武が干された?朝ドラの演技が絶賛だった!!

独特のお笑いセンスを持った友近さんは、お笑いで面白いだけでなく、歌なども非常にうまく多彩な能力を発揮していますね。

そんな友近さんは、40歳を超えていますが、いまだに結婚などの話はありません。数年前には同じお笑い芸人のなだぎ武さんと熱愛関係にあり、仕事でもディラン&キャサリンというコンビを組んで大活躍をしていましたが、その後に二人は破局してしまいます。

そして、なだぎ武さんは、徐々にテレビ業界から姿を消していきます。タイミング的にも友近さんと熱愛の破局報道後から消えていくのです。なだぎ武さんが芸能界を干された理由が友近さんにあるように思え、調べてみましたので紹介します。

お笑い芸人、歌手、その他として女優としての活動もされ、朝ドラ「あさが来た」にも脇役として出演していました。その演技は非常に素晴らしいと絶賛されたのです。

友近さんはドラマ撮影にあたって、非常にストイックに女優業に専念されたといいます。そのため、演じた「うめ」は友近さん以外には考えれられないくらいの絶賛をうけたのではないでしょうか?

友近さんがいかに女優として評価されたか、こちらも併せて紹介していきますね。

スポンサーリンク

友近と元カレなだぎ武の関係とは?

なぜ二人は別れたのか?

友近さんとなだぎ武さんは仕事でもディラン&キャサリンというコンビで息のあった、ネタを披露していて、とても面白かった記憶があります。プライベートでも仕事でも良きパートナだったため、多くファンはなだぎ武と友近さんの結婚は秒読みと思っていたと思います。 

結婚後は多くの夫婦コンビのように仲良く一緒に仕事も続けていくのだろうと、私も思っていましがたが、まさかの破局報道を見てびっくりした記憶があります。

この二人が付き合っていた4年間は友近さんはもちろん売れっ子として大活躍していましたが、なだぎ武さんの活躍ぶりはすごいものがありましたね。2007年と2008年にはR-1グランプリで2年連続で優勝を飾るという偉業を成し遂げています。ちなみにR-1グランプリで2年連続はおろか、2回以上優勝した人はなだぎ武さん以外は誰もいないのです。

仕事もプライベートも順風満帆な二人はこの絶頂期に別れてしまします。二人が付き合い始めたのが2006年で、破局が2010年ということで、4年間の付き合いが破局したのはどのような理由があったのでしょうか? 

多くの理由がネット上では 「友近さんは結婚願望があり意識をしていたが、なだぎ武さんは結婚にはあまり乗り気ではなく、はっきりとしない態度であった。そのため、友近さんが愛想をつかして別れた」や「仕事でもプライベートでも一緒なので、あまりお互いに新鮮さがなくなり、恋人同士である気分ではなくなれ合いのようになった」など、または友近さんの男遊びがひどい、や友近さんの激高が嫌になったなだぎ武さんが怖くて逃げたなどの理由であふれていました。

友近さんが語ったことによると、破局報道があった2010年には既にプライベートでは一年ほどまったく会っていなく、仕事だけのパートナーであったという衝撃の告白をしていましたね。ということは、お互いにプライベートについて干渉しなくなっていって、恋人同士としては自然消滅したというのが本当なのでしょう。

仕事のパートナーとして、お互いに恋人としては冷めた後も、ディラン&キャサリンで息の合ったコントを披露してたのでケンカ別れなどではなく、円満な別れだったというのが真相のようです。

なだぎ武はなぜ干された?

二人の破局報道された2010年あたりから、なだぎ武さんはテレビの露出が少しずつ減っていきます。そして、最近ではテレビでほとんど見る事がなくなってしまいました。あれだけ面白いネタを披露して、CMやクイズ番組、バラエティ番組などでも見ない日がないほど大活躍だったのにも関わらずのにです。

よく芸能人は売れっ子であっても、芸能界のドンといわれる、芸能事務所の幹部や社長などを怒らせたとかで、人気絶頂の地位にありながらも芸能界を干されてしまう噂をよく聞きます。

なだき武さんも、そのような虎の尾を踏んでしまい、芸能界を干されて追われる立場にになってしまったのでしょうか?

友近が原因なのか?

テレビで見なくなった時期と友近さんが破局した時期と重なるため、友近さんと破局したことが原因なのでしょうか? 二人は上記にも書いた通り、円満に関係を解除していますので、ケンカ別れや警察沙汰になって男女関係で問題を起こしていません。そのため、友近さんとの破局報道が原因ではないように思います。

なだぎ武がテレビで見なくなった3つの理由

なだぎ武さんんがテレビで見なくなった理由を調べてみたところ、大きく3つにまとめる事ができました。

フリートークが苦手である

一つの理由としてなだぎ武さんはフリートークがあまり得意ではないということです。そのためバラエティ番組やクイズ番組ではうまく話すことができなかったといいます。

他にも芸人として番組で先輩芸人などからイジられても無反応で無視をしていたというのです。そのため、千原兄弟の一人である千原せいじさんが激怒してしまい、二人は共演NGになってしまったと言うのです。

この千原せいじさんが激怒して共演NGという話はどこまで本当かはわかりませんが、なだぎ武さんがフリートークがうまくできず、番組で孤立するようになってしまって、バラエティ番組などに呼ばれなくなっていったというの本当のようですね。

素の自分を出すのが苦手であり、他の誰かを演じるのが好き。

バラエティ番組ではディランの恰好で出演依頼がくるらしいのですが、ディランの演技はすることができず、なだぎ武の素のキャラクターで出演することを要求されたというのです。

確かになだぎ武さんのお笑いのネタは、モノマネやディランをはじめ、他の誰かを演じる事により笑いを引き出してきました。しかし、バラエティ番組で見た目だけディランであり、しかし、ディランを演じる事ができなかった事がなだぎ武さんには非常に苦痛であり、周りからも、そして自分からもこの世界から少しずつテレビから舞台活動へシフトしていったと言うことです。

テレビには出演はなくなりましたが、しかし舞台は1年の間に何本も出演するなど、舞台の世界で大活躍しているようです。舞台だと自分を出さずに演技で、そのキャラクターを演じる事ができるのでなだぎ武さんにはピッタリの仕事であったのでしょう。

外国人のキャラクター問題

最後の理由として外国人のキャラクターが他にも出てきて、ディランの外国人の特徴を生かしたキャラが薄まってしまったと言うことが理由の一つではないでしょうか?

なだぎ武さんはテレビに呼ばれなくなったことを、チュートリアル徳井義実さんの「ヨギーダ」、どきどきキャンプの海外ドラマ24のジャックバウアー、そして本物の外国人である厚切りジェイソンの登場により、もう本物の外国人がお笑いをやりだしたので、もう出る幕がなくなったと語っていました。

しかし、なだぎ武さんは、この時期に外国人ぽいかつらをかぶって、モノマネをすることを辞めてよかったと思っていますね。

昨年のダウンタウンの笑ってはいけないで浜田さんが、黒塗りをしてエディーマーフィーをマネしたことがあり、それが人種差別かどうかの問題で大きく報道されました。他に大きな鼻を取り付けて白人のモノ前をして笑いを取っていた、松本人志さんのキャラクターも話題に取り上げられ、これまでのように外国人のメイクをして話方などをモノマネすることが人種差別の一つして見られるようになったのです。

もしなだぎ武さんが、今も下記の画像のような、かつらを被り、白人男性のイメージだけでディランを演じて面白おかしく、笑いを取っていたら人種差別として取り上げられていたかもしれないですね。 

出典:https://www.oricon.co.jp

関連記事:浜ちゃんの黒塗りは黒人差別なのか?

スポンサーリンク

友近の朝ドラ出演

友近さんは、お笑いはもちろん、歌もかなり上手ですが、さらに演技も評価が非常に高いのです。

 出典:http://www.mikan-dog.xyz

NHKの朝ドラ「あさが来た」では主人公である、「あさ」を支える女中さんのの役で出演しているのですが、これがかなりはまり役なのです。

お笑いのネタでも友近さんは、誰かを演じる事により、あーこんな人は確かにいるなー つい言ってしまうようなキャラクターで笑いを取ることが多いのですが、それがそのままドラマでの演技になっていました。

その、お笑いで培った演技力が他のプロの俳優、女優などと比較しても決して遜色ないのです。そのため、週刊文集でのドラマ「あさが来た」での人気ランキングでは、なんと3位になっているのです。

ちなみにランキングは下記のようで、人気のディーン様ことディーンフジオカさんや、人気俳優の宮崎あおいさんを抑えてのランクインでした。

  • 1位 新次郎(玉木宏)
  • 2位 あさ(波瑠)
  • 3位 うめ(友近)
  • 4位 五代友厚(ディーン フジオカ)
  • 5位 はつ(宮崎あおい)

出典:週刊文集

演技が絶賛されている理由とは?

友近さんはこのドラマを出演時にはまったくお笑いを封印して、女優として演技に集中したというのです。 そのため、与えられた台本の演出通りに愚直に行ったといいます。

しかし、お笑い芸人の血が時々騒いでしまって、うめとしての撮影中になにか面白いことをやりたいと思ってしまったそうです。 ですが、そこはぐっと抑えて、演じる女中である「うめ」がやりそうな事以上のことはやらなかったと言っています。

一つの才能があれば、それを応用して色々な仕事にアレンジすることありますし、そのことがうまくいくことも多々あります。しかし友近さんはお笑い芸人としての能力を封印することにより、決して出しゃばらず、女優としての範疇を超えることをしなかったことが、絶賛された理由の一つだと思いますね。

関連記事:波瑠が実はドSな性格で共演者キラー?朝ドラ時のトラブルで話題騒然?

主役である波瑠さんが、このNHKのドラマ主演後に人間不信になりそう、と弱気な発言や告白をブログなどで吐露されていました。しかし友近さんは撮影の舞台裏では波瑠さんと一緒にドラマの方言を勉強したというのです。その時に波瑠さんを励ましながら一緒に練習していた時は舞台裏でも「あさの役をやる波瑠さんを支える女中のようにふるまっていた」といわれていたようです。

波瑠さんがつらい、撮影を乗り越えられてドラマが成功した陰には友近さんの支えがあったのではないかと思いますね。そのようなエピソードから友近さんの人柄や演技にも評価が現れたのだと思います。

まとめ

  • 友近さんとなだぎ武さんは付き合っていることで有名でしたが、最終的には破局しています。
  • 二人が別れた理由は多く噂されていますが、おそらくお互になれあいになってしまい、円満な別れだったというのが真相でしょう。
  • なだぎ武さんは、友近さんとお付き合いしているときは活躍ぶりがすごかったですが、別れた後はテレビから離れてしまいました。
  • テレビに出なくなった理由は、友近さんとの別れが原因ではありませんでした。
  • なだぎ武さんはテレビよりも舞台での活動があっているらしく、今は舞台俳優として多くの舞台に出演され活躍されています。
  • 友近さんはお笑い芸人、歌手、そして女優として活躍されていて、NHK朝どら「あさが来た」の演技で絶賛されました。
  • 出演者の人気キャラクターランキングでは、他のベテラン俳優を抑えて3位になっています。
  • 友近さんはお笑いを封印して、女優としての仕事に集中されたことが高評価につながったのだと思いますね。

友近さんは独特のお笑いセンスを持ち、普段はあまり気にしない人の特徴をよく掴み演じる事で、非常い笑えるネタをするお笑い芸人さんですね。その芸の才能はお笑い芸人だけにとどまらず、歌手として歌も非常に上手なことでも有名です。

お笑いと歌と多彩な才能を発揮している友近さんですが、同じお笑い芸人のなだぎ武さんとお付き合いされていたことは有名ですね。プライベートで一緒にいるだけでなく、仕事でもお笑いのコンビとして活躍されていました。さらに付き合っているときは、なだぎ武さんが2年連続R-1グランプリで優勝するなど、お互いにお笑い芸人とし共に成長するなどどいい影響を与えていのですが、破局してしまいます。

破局後はなだぎ武さんがテレビから消えていくのは、友近さんが原因と噂されていましたが、それは真実ではありませでした。

理由は二人は円満な別れであったのと、なだぎ武さん本人が、フリートークが苦手であること、テレビで素の自分を出すことが苦手、そして外国人のキャラクターの限界という理由からテレビから離れ、舞台をやりたかったのが真相のようです。

友近さんは、さらに女優としても活動の幅を広げていますが、女優としても非常に評価が高く、朝ドラ「あさが来る」では演技を絶賛さていました。

お笑い芸人の仕事、歌手としての仕事、そして女優としての仕事の切り分けが非常にストイックであり、謙遜で努力家である友近さんはどのような仕事を行っても成功していきそうですね。 

これからも芸人、歌手、女優としての3足の草鞋で芸能界で頑張っていってもらいたいです。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。