平井堅はどの国のハーフ又はクオーターなの?歌、ノンフィクション歌詞の意味が深すぎる!!

平井堅はどの国のハーフ又はクオーターなの?歌、ノンフィクション歌詞の意味が深すぎる!!

平井堅さんは素晴らしい歌唱力を持つシンガーであり、多くのファンをもっていますね。現在は多くの曲をリリースして、その度にミリオンセラーを叩きだしているほどの活躍ぶり。

日本人離れした平井堅さんはハーフかクオーターといわれていますし、衣装もインドのターバンを頭に巻き、付け髭を付けた見た目は本当にインド人かと思いました。そんな平井堅さんはどの国のハーフ又はクオーターなのか家族構成から調べてみました。

さらに、平井堅さんの曲である「ノンフィクション」ドラマ「小さな巨人」で主題歌として使われ、その歌詞が非常に深く考えさせられる内容ですね。

なぜ、この曲が多くの人を感動させ、ドラマでもピッタリといわれた曲であったのか、自分なりに調べ、独自に歌詞の解釈を考えてみましたので紹介いたします。

スポンサーリンク

平井堅はハーフ?クオーター?

歌手、平井堅のデビューは?

歌手の平井堅さんの顔は非常に濃い顔であり、目鼻立ちがはっきりしていますね。

その、平井堅さんは外国人の血が混じってるように見えますが、ハーフかクオーターなのでしょうか?ハーフかクオーターであれば、どこの国の血が混じっているのか平井堅さんの家庭事情から調べてみました。

まずは、平井堅さんの家庭事情を知る上で、プロフィールから見ていきましょう

出典:http://www.sonymusic.co.jp/artist/KenHirai/

  • 名前:     平井堅
  • 生年月日:   1972年1月17日
  • 出身:     大阪府/三重県名張市
  • 最終学歴    横浜市立大学
  • 活動      1995年

平井堅という名前は本名のようで、ごく一般的な日本人の名字と名前ですね。生まれも大阪で、育ちが三重県名張市と育ちは日本のようです。

三重県の高校を卒業してから、大学は神奈川県横浜の私立大学に入学して、在学中から既に音楽活動をされていたようです。その時に自作ビデオを作成してSony Music Entertainment Audition送り入選したためCDデビューということです。  

もともと音楽が大好きで、自分でミュージックビデオを作成して入選するというほどだったので、やはり若い頃から音楽の才能があり秀でていたのでしょうね。しかし、どんな才能のある人もやはり売れない日々が続くようで、2000年の8枚目のシングル「楽園」が売れるまで足掛け7年ほどの下積み生活だったようです。 

この「楽園」はこれが売れなければ契約が打ち切られるという背水の陣でリリースしたということなので、平井堅さんにとってこの「楽園」は相当な思い入れがあるようです。

その後は、誰もが知る「瞳をとじて」で大ヒットして売れっ子アーティストとして活躍されています。

両親はどこの国の人?

平井堅さんの歌唱力と同じく、いつも注目されるのは彼のビジュアルですが日本人離れした、彫の深い顔でありますね。

東南アジア系の顔でインドのターバンを巻いた写真がありますが。こちらはもう本当にインド人でよくインドカレー屋さんで見る事ができます。

出典:https://twitter.com/suzuranchan1208

ターバンなどの道具により、インド人に近いとはいえ目の彫りが深く、その下に影ができるほどですよね。私はアメリカに住んでいて多くの白人男性を見ますが、このタイプの目は白人男性に多いように思いますね。

もちろん、こんな顔だから、周りからもどこかのハーフですか?クオーターですかと聞かれると言うことです。

平井堅さんの両親は純粋の日本人とのことですが、系図的に日本人だけの血であるのか平井堅さんは自分で戸籍を調べて、4代目までさかのぼったようなのです。しかし、外国人の血が入るような身内は誰もいなかったようで、平井堅さんは、他の日本人より外国人顔というだけで、純日本人なんですね。

両親の顔もハーフやクオーターの外国人ぽい顔なのかを調べてみましたが、残念ながら両親の画像は見つける事はできませんでした。

下記は高校生の時の写真なのですが、この頃は今ほどは外国人顔ではありませんね。どちらかというと普通の日本人でイケメン高校生のように見えます。今と違って髪型も黒髪でヒゲも生えていませんから日本人に見えますね。前髪を降ろして特徴的な眉毛がはっきり見えないのも理由かもしれません。

出典:http://girlschannel.net

スポンサーリンク

歌、ノンフィクションを聞いてみた。

長谷川博己さん主演のドラマ「小さな巨人」の主題歌である平井堅さんの「ノンフィクション」。この「小さな巨人」のドラマは長谷川博己さん演じる警察官が、警察という組織の中で権力などと対立などを通して人間として成長し警察組織での生き方や戦い方が描かれています。

このドラマの主人公が常に辛酸をなめながらも目の前の問題に立ち向かっていく姿とこの歌ノンフィクションが非常にマッチして感動を与えてくれました。

実はこの曲は平井堅さんの経験から曲を書いたといいます。その深い意味を持ったこの曲ノンフィクションを深く掘り下げてみましたので、一緒に見ていきましょう

歌詞の意味が深い

描いた夢は叶わないことの方が多い
優れた人を羨んでは自分が嫌になる

浅い眠りに押しつぶされそうな夜もある
優しい隣人が陰で牙を剥いていたり

惰性で見てたテレビ消すみたいに
生きることを時々やめたくなる

まずは最初の歌いだしですが、人間の成長の上での葛藤と嫉妬、羨望であり。多くの人が感じることです。子供の頃に描いた夢をどれくらいの人が大人になって叶えた人がいるのでしょうか? そして、夢追い続けたとしても、その事で悩みよく眠れず、周りの人はうわべは優しく声をかけてくれるかもしれませんが、陰ではバカにしているかもしれないのです。

そんな、苦しみから逃げるためにテレビを消すように生きる事を辞めたくなるようなことは人生で多々あります。

そして、そんな人生を感じながら歌はサビ部分であるメインコーラスに入っていきます。

人生は苦痛ですか? 成功が全てですか?
僕はあなたに あなたに ただ 会いたいだけ

みすぼらしくていいから 欲まみれでもいいから
僕はあなたの あなたの 本当を知りたいから

響き消える笑い声 一人歩く曇り道
僕はあなたに あなたに ただ 会いたいだけ

ここでは、人生で夢もかなわず、隣人ともうまくいかず、人生のスイッチを消してしまいたいと思う私たちに、優しく語りかけています。

人生が苦痛であろうと、成功がすべてと思うそんな私に、ただ会いたいと語りかけてきます。 そして、人生に疲れてみずぼらしくなり、でも欲まみれでも私の本当を知りたいとも。

人生は晴れの時もあれば、曇りの時もあるので、決して常に順風満帆ではなく、時には風が吹かずまったく、船が進まないことがあるんだと教えてくれます。

かっこよく生きる事がすべてではななく、時にはかっこ悪く生きていくことは恥ではないと語りかけてくれるように聞こえますね。

あなたに、あなたに会いたいと語りかけているのは、あなたは決して一人ではなく、あなたを必要としている人が必ずいるからと語り、非常に元気づけられます。

よく人は落ち込んだ時に、自分は誰からも必要とされないと悩むことが多くあります。ですが、この世に生を受けたほとんどに人は生まれたときには誰も必要とされる事はあたりまえであり、自分で人生の目的を探し求める事により、必要な人ができ、そしてまた必要な人になって行くのだと思います。この歌詞はその事を改めて教えてくれます。

そして、再びまた心の苦痛の表現に戻ります。

筋書き通りにいかぬ毎日は誰のせい?

熱い戦いをただベンチで眺めてばかり

消えそうな炎 両手で包むように

生きることを諦めきれずにいる

やる気があるのにも関わらず、自分の考えや、思ったように物事が進まないことを誰のせいにしているのか? 自分のが悪いのか、環境が悪いのか、それとも上司や周りが悪いのか?

そんな風に考え、再び行動するエネルギーを発揮できず惰性で生きてしまうことは多くあります。人生において、常に緊張感が張った状態で生きるのは非常に苦痛であり、そのようにベンチにすわり、ぼーと考え流れに任せる事も大事な事だと思います。 

消えそうな炎とは、自分の描いた夢や、生きる希望であり、その炎を消さないようにして必死に生きようとする様が見えます。出だしの頃と違い、もう人生のスイッチを切りそうになると考えている時とは違い、こちらでは少しでも生きようとしている事が見えます。

平井堅さんの経験から、炎を絶やさぬよう、大事に大切に生きていってほしいというような切実な思いを感じる事ができます。

そして、最後は再びあなたに会いたい思いを伝えています。

何のため生きてますか? 誰のため生きれますか?
僕はあなたに あなたに ただ 会いたいだけ

人生を恨みますか? 悲しみはキライですか?
僕はあなたの あなたの 本当を知りたいから

秘密 涙 ひとり雨 目覚めたら襲う不安
僕はあなたに あなたに ただ 会いたいだけ

信じたいウソ 効かないクスリ 帰れないサヨナラ
叫べ 叫べ 叫べ
会いたいだけ

再び平井堅さんは、歌の最後に再びあなたに会いたいと語っています。人はこの歌詞にあるように、何のため生きているとか、誰のため生きれるか、人生を恨む、悲しみなど多くの苦痛が人生には降りかかります。それらはやがて、どんどんと重くなり、身動きが取れなくなってしまいます。

そんな、苦痛を和らげるために私はあなたに会いたいと語りかけています。生きるためにプライドや、夢や理由などの紐つけが本当に必要なのでしょうか? そんな重荷は下に降ろそう、そしてただ生きるだけを楽しんでみてはどうか?と平井堅さんは伝えようとしてるのかもしれません。

このノンフィクションの歌詞では生きていれば、幸せがやってくるとか、いいことあるよ、なんてことは決して言ってはいません。たんに、あなたに会いたい私がいる、私に会うために生きてくれと言っているような気がしてなりません。

人生で生きてい行くのは、確かに多くの苦痛が伴います、生きていればいいことあるさ、なんて思えるのは大した苦痛ではないのかもしれません。死を考えるほどの人生の辛酸を舐めたときは、そのような陳腐な慰めは決して効果がないのでしょう。

平井堅さんが語るノンフィクションの歌詞とは

実際にこの曲を作るにあたり平井堅さんは下記のように話しています。

今年、僕のプライベートで悲しい出来事があって、その気持ちを曲にしました。命について歌ったものです。

幸せ、不幸せのカテゴライズはむずかしいけれど、そのボーダーラインで、死ではなく、生を見つめて書いた曲です。

上記で語る悲しい出来事とは、大切な人の命をなくすようなことがあったのとのことです。 

その、大切な人の苦しみを気づいてあげられなかった平井堅さん気持ちはかなり辛く、その気持ちをノンフィクションの歌詞したのでしょう。

平井堅さんの曲であるこのノンフィクションは非常に人生について考えさせらえる歌詞であります、ドラマ「小さな巨人」もなかなか面白いドラマで考えさせられる内容でありましたが、この曲はドラマ以上に痛みを感じる内容でした。

まとめ

  • 平井堅さんは大阪生まれの三重県育ちであり、生まれも、育ちも日本で海外で出身ではありません。
  • 平井堅さんがどこの国のハーフやクオーターであるか、疑問視されてきましたが、両親は日本人でした。
  • 本人も外国人顔と言われるため、自分で4世代前の系図を調べても日本人以外は出なかったそうです。
  • ドラマ、「小さな巨人」で使われた曲、ノンフィクションの歌詞を聞いて、意味を調べてみました。
  • ノンフィクションの歌詞は大切な人との別れと、その友人の苦痛を理解してあげられなかった平井堅さんの苦悩を歌詞にしています。

平井堅さんは彫の深い顔立ちと素晴らしい歌唱力で人気がある歌手であり活躍されています。その彫の深い顔立ちから日本人ではないのではないか?それともハーフか、クオーターだと言う話が多くあります。

確かにテレビや写真を見る限りは日本人離れした顔立ちであり、ハーフやクオーターと言っても間違いはないでしょう、そのため、平井堅さんがどの国の人のハーフ又はクオーターか調べてみました。しかし、両親は二人とも日本人であり、4世代前の系図を調べたところでもまったく外国人の血が入ってることはなかったようです。

平井堅さんは、日本人で外国人のような顔の人だったんですね。

そんな、外国人顔の平井堅さんですが、歌唱力も素晴らしいのですが、その歌の歌詞も素晴らしいのです。ドラマ「小さな巨人」で主題歌として使用されらノンフィクションという曲の歌詞が非常に考えされられる内容なのです。

大切な人を亡くした平井堅さんが書き上げた歌詞を自分なりに解釈をしてみています。プライドや誇りを持って生きることは素晴らしいが、ただ辛いときはそんなものは捨ててしまって、ただもっと楽に生きていこうと元気つけられました。この歌を聞き歌詞を読み深く考える事で多くの人が勇気つけられると思います。 

平井堅さんは音楽を通して人々に勇気や生きる希望を与えてくれますね。これからもあの素晴らしい歌唱力で私たちを感動させてほしいですね。  

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。